大凡のギタリスト、ニシイケタカシによる
三度目の雑記。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
マジックバス

 二〇二五年に大阪での万博開催が決まったそうだ。開催の是非を云々する見識を持ち合わせないが、東京五輪開催へ向けてのドタバタの報を見るに付け、大丈夫なのかと鼻白むところはある。開催とバーターのごときIRカジノ解禁は品に欠けた駆け引きに見える。先の大阪万博のように、はったりでもいいから宇宙とか未来を押し出せばいいのに。等々勝手な印象はある。

 僭越ながらワタシは先の大阪万博に行っている。とはいえ齢二歳だったので何も覚えていない。当時の住まいだった神戸から両親や親戚に連れて行ってもらったらしい。場内で愚図るワタシにはたいそう手を焼いたそうだ。その折におそらく観たのであろう万博展示の目玉だった月の石には、数年後にデパートか何かの催し場で「再会」することになる。どういった経緯や契約で日本に滞在していたのか、そもそもそれが本物だったのかも定かではない。遠路遙々連れてこられ引き回されている石を眼前に奇妙な感情移入したことと、ロケットのキーホルダーを買ってもらったことと、宇宙とか未来を模した雑な装飾が到る所にあったことをうっすら覚えている。

 閑話

 九五年頃、新大阪と南方の間辺りの小さな空き地にうち捨てられた廃バスを店舗に仕立てたジャンク屋があった。幾度か足を運び、あまり愛想のよくなかった、たぶんワタシと同い年くらいの店主に掛け合って、テスコの赤い十二弦ギターを確か三万円ほどで購入した。ビザールな楽器や何かのオーディオ機器やサイケな古着などが内に外にと乱雑に陳列された廃バスが鎮座する空き地なんて、今ではちょっと考え難い不思議な光景だ。あれは夢だったのだろうかとすら思う。

 あれから幾星霜。ロケットのキーホルダーは無くしてしまった。赤い十二弦ギターも売り払ってしまった。今、頭の中にあるのはノスタルジーとファンタジーの大阪ばかり。これらに淫してばかりもつまらない。平成のバスが行ってしまう前に現在の大阪にちゃんと会いに行かねばならないな、と思っている。

 

■2018年12月8日(土)@池袋フリーフローランチ
出演:the KANGA、双六亭
start 20:00
投げ銭ライヴです。

■2019年1月12日(土)@吉祥寺MANDA-LA2
出演:ロッキンシューズ、福岡史朗+2STONE、双六亭
open18:30 / start 19:30
チャージ:¥2,500(+1drink order)

最下位

 十七年ぶりにタイガースがセ・リーグ最下位となった。残念だ、とは思うのだけれど、正直を言うと、ここ数年、ワタシはプロ野球自体にどうも関心がなくなり、今年もさして追いかけていたわけでもなかった。残念の気持ちも口ごもってしまう。

 物心ついて、父からの影響もあり虎党となったものの、ざっと第一次吉田監督時代から九十年代後半の野村監督あたりまでのタイガースは総じて駄目だった。村山〜中村監督時代などは本当につらかった。でも、そんなタイガースが好きだった。少し前にここでも書いたが、それだけに八十五年の熱狂は今も呪いのようにワタシに刻印されている。

 ワタシが上京してからこっちの二十年、二度のリーグ優勝をしたり、そこそこAクラスを維持していたり、なかなかのチームとなったタイガース。そんな在阪球団を東京に居ながらにして応援している自分に説明のつかない矛盾を感じていた。いつまでもうだつの上がらない自分との軋轢だったのかもしれない。

 全く手前勝手な気分だが、これで来期からあらたな気持ちで応援できる気がする。また、いちから出直そう、タイガース。ワタシも出直すぞ。

 

■11月10日(土)@中野オルタネイティヴカフェ
出演:banri shiraiwa、うえはらまさみつ+ジャスミン、ニシイケタカシ
open 19:00 / start 19:30
料金:¥1,500 (+1drink order)

■11月14日(水)@高円寺ジロキチ
出演:アナコンダ、シッカローラーズ、双六亭
open 18:30 / start 19:30
料金:¥2,500 (+1drink order)

不図

 以前にも何度か書いた類いの話。昨今は何か文章を書くにあたってはタイプするのが日常となり手書きすることもすっかりなくなってしまっている。それでもたまに手書きせねばならないときなど、よく漢字が思い出せないことがある。

 過日、SNSで流れてきた「不図」とという漢字二文字。「ふと」を閉じるとこの「不図」なのですよと伝えていた投稿だったわけだが、この度のワタシは思い出せなかった、のではなく、恥ずかしながらそれまで知らなかった。「〈ふと〉思う」と「〈ふっと〉思う」、はニュアンスの問題で同じものだと思っていたような具合だ。

 「不図」の反語は「意図」となるそうだ。齢五十過ぎにして、重ねて恥ずかしながらとても腑に落ちた。意図思う、と書かないのは思うことを二重に表現してしまうので、思う、だけででよいわけだ。成る程。一方の不図思う、という使い古された言い回し。意図せず思うというこの行為が何だか汚れのないとてもよいものに思えてきた。なかなか単純である。

 

■9月9日(日)@武蔵小山LiveCafeアゲイン
出演:POST、双六亭
open 18:30 / start 19:00
料金:¥2,000 (+1drink order)

■9月23日(日)@国立地球屋
出演:Berry、赤い夕陽、双六亭
open 19:00 / start 19:30
料金:¥1,500 (+1drink order)

■9月27日(木)@三鷹バイユーゲイト
出演:愛染恭介、河原敬介、ニシイケタカシ
open 19:00 / start 20:00
料金:¥1,500 (+1drink order)

暑さのせい

 今夏の暑さは骨身にまで堪える。巷間言われる温暖化の進行が云々など詳しいことはわからないけれど、ともかくワタシが幼い頃の牧歌的だった夏とはもう別世界だ。

 まだ夏が牧歌的だった頃の冷房機は、やたら巨大で木目調で箪笥みたいで起動するとドンと機体が揺れてブンブンと運転音がうるさくて冷風には独特のにおいがあった。あれは何由来のにおいだったのだろう。体にはよくないものだったのだろうか。あのにおいを嗅ぐのは好きだった。

 平成最後の夏が骨身に堪えるのには何か啓示的なわけがあって、牧歌的だった世界はもう終わったのでちゃんとしろと言われているような気もする。この暑さで頭まで茹だってしまっただけなのかも知れないが。

 

■7月27日(金)@高田馬場ディグライト
出演:the KANGA、グランドルート・セントジョン
O.A:ニシイケタカシ
※投げ銭ライヴ (要2drink order)

■8月19日(日)@高田馬場ディグライト
出演:丸尾一平theCP's、Kenny's Trio、双六亭
open 18:30 / start 19:00
※投げ銭ライヴ (要2drink order)

■8月28日(水)@吉祥寺MANDA-LA2
出演:北澤コイチーズ、双六亭、他
open 18:30 / start 19:30
料金:¥2,200  (+1drink order)

■9月9日(日)@武蔵小山LiveCafeアゲイン
出演:POST、双六亭
open 18:30 / start 19:00
料金:¥2,000 (+1drink order)