大凡のギタリスト、ニシイケタカシによる
三度目の雑記。
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
ジョージ/今回は常体で書く

 ジョージ・ハリソンの命日ということで少しばかり勝手な自分語りを。

 初めてジョージを意識して聴いたのは、ラジオの洋楽チャート番組か何かでたまたま耳にした『想いは果てなく〜母なるイングランド』(一九八一年)からシングルカットされた『Teardrops』だった気がする。当時、中学生だったワタシには「わ、何かいい曲やなあ」くらいの印象で、チャートの中の割と好きな曲のひとつでしかなく、ジョージと「ビートルズ」を繋げてくれるようなものではなかった。先行シングルだった『過ぎ去りし日々』がヒットしていた記憶はなぜだか全くない。一九八〇年に暗殺されてしまったジョン・レノンの『ダブルファンタジー』は友達のNくんに借りて聴いてはいた。『(Just Like)Starting Over』は凄く好きな曲だったけれど、これも「ビートルズ」へ興味を特段喚起させてくれるものではなかった。何が見えていて何が見えてなかったのやら。

 それから五年程後に『When We Was Fab』でジョージと邂逅した時には「わあ、すげえビートリーだ!」と一聴して「ビートルズ」と繋がった(気がした)。おそらくその間に体験したのであろうELO、XTC、トッド・ラングレンなどなどの「ビートルズ翻訳」という下地によって得た数多の記号たちで「ビートルズ」を自分なりに読み込めるようになっていたのかと推測する。ジェフ・リンらがビートルズの(悪意無く)エピゴーネン/模倣者だとするなら、ワタシにとっては、ジョージでさえも「ビートルズ」のエピゴーネンだったのかもしれない。そして、それからのワタシは、そのエピゴーネンのひとり足りたいと望み続ける十年間だった。

 ジョージが亡くなってもう十五年。訃報を知ったのは吉祥寺の漫画喫茶。確か自分のライヴ当日の準備か何かしているときで不遜だけれど正直そんなには驚かなかった。今は、あんまり親しかったわけでもないけど、割と近くにいた古い友人のことを思い出すかのような気分だ。合掌。

 

 

今年中のライヴはたぶんこれで

 今年は例年よりかライヴの本数が減ったかなという印象だったのですが、実際はそんなに大差なかったかも知れません。とにかく毎月のようにやらせてもらえているのは全くありがたいことです。場数も然ることながら、ひとつひとつ大事に楽しくやっていきたいところです。いずれかのお店でお会いできますように。

■11月13日(日)@自由が丘マルディグラ
出演:赤い夕陽、双六亭
open 19:00 / start 19:30
チャージ:¥2,000 (+1 drink order)

■11月19日(土)@吉祥寺伊千兵衛
『吉祥寺ビートルズナイト』
出演:「the Fab around Fourty」
vo,g/興津雅輝 b/千葉貴俊 (3B LAB.☆S) key/Wacky
dr/丸尾和正 sax/矢野佑樹 g/ニシイケタカシ
「Red」
vo/マル(HONDA LADY) g/タカハシシンゴ(Watergun)
vo,g/サイトウダイスケ(Strawberry/Wrinkles)
dr/タイガ(夏待ちレスター/Sky Beaver)
b/スズキマナブ(サーモメーターズ)
「奥村慎也」
open/start 18:00〜close/23:30
チャージ:¥1,000 (+1 drink order)

■11月25日(金)@横浜黄金町試聴室その2
【THE GOLDEN APART LIVE ! 2days !!】
THE GOLDEN APART LIVE ! vol.33

出演:サザンライツ、華村灰太郎、chuliplity、双六亭
open 18:30 / start 19:00
前売:¥2,000 /¥2,500(+1 drink order)
※ご予約はこちら

■11月27日(日)@三鷹バイユーゲイト
チャリティ企画43『こころの青空募金』への募金LIVE2
出演:江口優、岩田りょう(ビリー)、ニイシイケタカシ
open 18:30 / start 19:00
チャージ:¥2,000 (+1 drink order)
※収益の一部を東北児童養護施設で暮らす子供たちの支援活動を
している 『こころの青空基金』へ募金いたします。

■12月3日(土)@中野オルタネイティブカフェ
BAND EXPO presents 『こまめに休憩を、気ままに音楽を!その六』
出演:BAND EXPO-1(青木孝明、コーノカオル)、ニシイケタカシ
open 19:00 / start 19:30
チャージ:¥2,000 (+1 drink order)

無題(ライヴのお知らせ)

 今年も残す所二ヶ月余り。とか毎年毎年考えてしまうのもいい加減ゲンナリですが、十二個の区切りに翻弄されるように染みつけ(つい)てしまった心性はおいそれとはアップデートできませんね。成る丈楽しくなることだけに集中したいもんです。

 ありがたいことに年内まだ数本のライヴが決まっております(もうちょい増えるかも)。何れかのお店でお会いできますように。

 

■11月2日(水)@高田馬場diglight
出演:丸尾一平cratch players、ニシイケタカシ
open 19:30 / start 20:30
チャージなしの投げ銭 (+1 drink order)

■11月13日(日)@自由が丘マルディグラ
出演:赤い夕陽、双六亭
open 19:00 / start 19:30
チャージ:¥2,000 (+1 drink order)

食べ残し、その2

 前回の記事で書きました「昭和」の「食べ残し」問題。さしあたって、ひとりでライヴをやる折に「昭和」の曲のカヴァーに取り組んでおります。取り組みが正面過ぎるわ、と苦笑されそうですが、いやはやまったく。

 見るのとやるのと大違いなどと、あらゆる分野で申します。「昭和」の曲のカヴァーも、実際にちょこっとでもやってみますと当たり前の如く幾つもの驚きや発見があり、取り組み甲斐に上限が見えることはなさそうです。

 先日のライヴでは、『丘を越えて(一九三一年/昭和六年)』(島田芳文/古賀政男)に挑戦しました。この曲をやる機会は当該のハナシとはまた別の所〈第176回囲碁お見知りおきをラヂオ〉から得たものだったのですが、藤山一郎バージョンのフルコーラスを意識して聴いたのはおそらくこの時が初めて。長尺イントロの意匠などなど、やはり驚きや発見が様々でした。

 伴奏とは言い得た言葉で、この曲などは正に「歌うに伴い奏でる」といった趣き。「歌詞」にしっかりと立脚点をおいたアレンジでありながら、聴き手の耳に達する頃には歌として渾然となるよう普請されているという「当たり前」の構造にあらためて感じ入っておるような次第です。

 さて、感じ入っておるばかりでもいけませんので、正面過ぎるやも知れない、この小さな取り組みではありますが、様々な「昭和」を食べ尽くすべく続けていこうと思っております。何れかのお店でご笑覧いただけたなら幸甚の至りであります。

 

■10月13日(木)@代々木八幡CAFE BARNEY
『Live for BARNEY vol.9』

出演:長谷川弘 w/Jasmin(aco)、Taj(gt)、A.T.(ba)、ニシイケタカシ
cafe open 17:00 / live start 19:30
チャージ:¥1,500 (+1 drink order)